目頭が痛い

急性副鼻腔炎(蓄膿)の症例です。
30代 女性

2週間前から目頭が痛い

目頭から額にかけて、頭の奥の方に痛みを感じるとのことで相談にいらっしゃいました。

3年前から、年に1~2回蓄膿症になるといいます。
今回の症状も頭痛というよりも蓄膿による痛みのようです。

問診と糸練功により病状をチェックし、膿を排泄する漢方薬を選定。
風参(おたね人参)も一緒に飲んで頂きました。

漢方薬を飲んで2日で痛みはすっかり消失しました。

3ヶ月後にも再び同じ症状でご相談に。
再び体質をチェックし漢方薬を選定。
以前と同じく2日で痛みが消えて喜んでいらっしゃいました。

治療のポイント

蓄膿(副鼻腔炎)を悪化させる食べ物があります。

・甘いもの
・もち米製品(せんべいや赤飯おこわなど)
・油が多いもの

この方も普段あまいものを食べることが多かったそうです。

漢方薬を飲むことも大事ですが、悪化させてしまうものをできるだけ避けるのも大事です。

避けた方が良い食品、または積極的に食べた方が良い食品は病気や体質によって異なりますので
気になる方はご相談時にお申し出くださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です