学校が楽しい!

自律神経の症例です。
13歳 女性

緊張すると色々な症状が出てくる

「学校に行こうとすると体調が悪くなる」という相談で漢方薬を続けている方です。
以前の内容はこちら

小学校5年生の頃から体調が悪化し、学校へ行こうとすると色々な症状が出るため不登校に。
翌年9月から漢方薬を飲まれています。

 

不定愁訴の内容は

①常に息苦しい
②のどに違和感がある(ヒステリー球)
③口の中に唾がたまって気持ち悪い
④足がムズムズして気持ち悪い
⑤吐き気
⑥睡眠の質が悪い(寝付きが悪い)
⑦イライラや気の落ち込みが激しい

これらの症状が繰り返し起きていました。
漢方薬を飲み続けるうちに出てくる症状が軽くなり、症状が出ない時間、出ない日が増えていきました。

 

漢方薬を飲み続けているうちに

本人は「早く学校に行きたい」と希望し、頑張って行こうとするのですが、症状が出てしまうと家に引き返していました。

漢方薬を飲み続けて4~5か月経つ頃には少しずつ学校に行けるようになりました。
心配されていた小学校の卒業式にも無事出席できました。

 

新しい環境に変わってからは

4月から中学校に入り、環境の変化で症状が悪化しやしないかと懸念していましたが「学校が楽しい!」と嬉しそうに話してくれました。

いま気になる症状は④(じっとしていると足がムズムズしてくる)のみです。

さらに、今までは車に5分以上乗ると気持ち悪くなっていたのが、最近は大丈夫になりました。

徐々に、確実に、調子が良くなってきています。
漢方薬を卒業する日もそう遠くないでしょう。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です