ほぼ毎日学校に行けるようになった(起立性調節障害)

起立性調節障害の症例です。
13歳 女性
前回の内容はこちら

漢方薬を飲んで1ヶ月が経過

体のだるさは感じなくなり、寝込むことはなくなりました
食欲も少しずつですが出てきました。

ただ、ここ最近はのどの詰まり感(ヒステリー球)動悸が少しひどいようです。

のどに違和感があるので空腹感はあるけど食べる気にならないとのこと。

いままでの漢方薬に消化器の機能を改善させる漢方薬を足して飲んで頂きました。

 

さらに1ヶ月後

漢方薬の内容を変えてから、日に日にのどの詰まり感と動悸が軽くなっています。

いまではこの症状は稀に起きる程度。

ただ、頭痛がひどい時があり、これもなんとかしたいとのこと。
どうやら天候が悪いとひどくなるようです。

学校での変化としては、学校へ行ける日が増え、さらに給食を食べれるようになったそうです。

 

さらに1ヶ月後(漢方薬を飲みはじめてから4ヶ月経過)

体調はだいぶ良く、学校もフルタイムで出席できた日もありました。

頭痛は軽くなりました。
理由なくイライラしたり、突然気が落ち込むということも少なくなり、心の緊張もだいぶほぐれているようです。

と、ここまでとても順調にきていたのですが、患者さんの都合により漢方薬は一旦終了となりました。

私の見方としては、漢方薬を卒業するまではもう少しかかるような様子でした。
少し気がかりだったので以下の点に気をつけて生活してください、と下記の内容をお伝えいたしました。

・ 起床時間は、平日も休日も同じ時間にしてください
・ 化学調味料や人工甘味料は症状が悪化する可能性が高いのでなるべくさけてください。
・ 水分の摂り過ぎは、立ちくらみや動悸を引き起こす可能性があるので気をつけてください。

そして最後に、今は調子が良くて生活上支障となる症状は無いようですが、何かあればすぐご連絡ください。
対応(漢方薬を飲むこと)が早ければ早いほど、戻る(体調が良くなる)までのスピードも早くなります。
何も症状がなく元気になるよう願っています。
お大事にしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です