静岡の漢方薬 ふじみ薬局へ。
からだの痛み、こころの痛み、ご相談ください。
『医療気功と漢方カウンセリングのできる漢方薬局』

痛みの漢方相談が多いふじみ薬局

当薬局の『からだの痛みの相談』の中でとりわけ多いのは、ひざの痛み(変形性膝関節症)です。
次いで坐骨神経痛、腰痛と言ったところでしょうか。
これらの疾患で相談にいらっしゃった患者さんからは「漢方薬で痛みがとれるなんてイメージできなかった!」と言われることが多いです。

 

漢方を学び、痛みの原因パターンやそれに対する治療方法などをうよく知っている身からすれば「治って当然」と想うわけですが、

一般的には「まず病院へ」という方が多いですよね。


そして色々検査をして、原因がわかるだのわからないだのやりとりをして、

痛み止めをずーっと飲み続けるだの、電気を当て続けるだの、注射をするだのやるわけです。

中にはそれで治る方もいらっしゃるので全否定するわけではないですが、やはり治りきらない方も多くいらっしゃいます。

病院でもよくならない、すすめられたサプリメントを飲んでもよくならない、いろいろ試してみても治らない漢方薬局に相談に来られるわけです。

 


よく病院で「手術しかない」「治らない」「原因はわからない」と言われて希望を失う方がいらっしゃいます。
でも諦めないでください

これらの言葉には少しセリフを足す必要があります。
「手術しかない」→「手術しかない。西洋医学的にはね。」
「治らない」→ 「治らない。病院は対症療法だからね。」
「原因はわからない」→ 「原因はわからない。私にはね。」

腰痛で病院に罹った方のなんと85%が原因不明なのです。
検査機器が発達している今ですらそうなのです。

 

しかし、漢方では体全身から情報やサインを見つけて体質を見極めますので、
痛みの原因が推測できますし、それに沿った治療をすることでよくなっていきます。
他でダメでも、ふじみ薬局におまかせください。

 

病院では「手術しかない」「治らない」「原因はわからない」とよく言われるが、漢方薬が著効を示す疾患

腰痛 椎間板ヘルニア ひざ痛 坐骨神経痛 弾発指(バネ指) リウマチ
三叉神経痛(帯状疱疹後の痛み・しびれ・かゆみ) 肋間神経痛 骨棘 踵の痛み
自己免疫疾患 

 

治療症例はこちら

 

ふじみ薬局は治癒率の高さが自慢です。

ふじみ薬局が選ばれる3つの理由はこちら → http://fujimikanpo.com/hajimemasite/

ふじみ薬局の漢方相談件数第1位
『こころの痛み』 自律神経失調・パニック障害・ADHD発達障害 → http://fujimikanpo.com/goshi/

ふじみ薬局の漢方相談件数第2位
『からだの痛み』腰痛・変形性膝関節症(ひざ痛)・神経痛 → http://fujimikanpo.com/itami/

静岡で漢方薬ならふじみ薬局へ。
『医療気功と漢方カウンセリング』ができる漢方専門薬局です。
あなたの悩み、お聞きいたします。ご相談ください。
054-253-5963
火~土 10:00~19:00
静岡市葵区新富町3-33-3