常に痛い 痛くて眠れない

痛くて眠れない四十肩(漢方治療症例)

肩関節周囲炎(四十肩・五十肩)の治療症例です。
50代女性
4ヶ月前から右肩が痛む。常に痛い 痛くて眠れない
病院でヒアルロン酸注射は5回打ったが、効果なし。
カルシウム沈着は無いと診断された。

(併用薬)
ドリーミオ(ジフェンヒドラミン塩酸塩)←痛くて眠れない時に
酸化マグネシウム ←便秘
すっぽん小町(スッポン粉末製品)←体にいいと言われて
蔵出ごま酢 ←ダイエットしたくて

肩はどんな時に痛みが強く出ますか?

・常にツーンとした痛みがある
・腕を方より高く上げると特に痛む
・寝返りをうったときに痛くて目が覚める

患部以外に気になるところは?

・便秘(1週間でない時もある)←3日出ないとマグネシウムを飲む
・冷え性(足のみ)
・口が渇く 舌に白い苔がある
・生理不順 レバー状の血の塊が出る
・痛みで目が覚めるとその後なかなか眠れない

糸練功にて患部の状態をチェック

肩の反応 ①膀胱・陽証 -0.5合 葛根湯加朮証
②胆・陰証 2合 芍薬甘草湯証
脳の反応 胆・陽証 2.5合 四逆散加芍薬証
外用としてスクアレンを使って頂く。
②の代用としてアミノ酸製剤のドリンクを飲んでいただく。

養生のポイント
※肩~腕は痛みを感じない範囲で動かすこと。
「痛いっ!」と痛みを感じるたびに炎症は悪化します。
しかし、料理・洗濯などでどうしても使わなければいけない時もあるので考慮しつつも、できる限り痛みを感じないように生活してください。
また、甘い物、スナック菓子、もち、せんべいは関節痛を悪化させる原因になりますので、できるだけ食べないようにしてください。


6日後。
〇寝返りしたときに目が覚める回数が減った
・大便が毎日出るようになった

再び糸練功で患部をチェック
膀胱・陽証 2.5合 にアップ。
症状が改善してきているので、引き続き漢方薬を服用して頂くことに。

あなたに合った最適の治療をご提案します。
からだの痛み、こころの痛み、ご相談ください。
漢方相談の流れ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です