手・足・舌のしびれ

心因性のしびれの症例です。
60代 女性

手足と舌がしびれてつらい

手足と舌のしびれが今年の7月から続いているといいます。
ひざが痛くて行った整形外科でひざにヒアルロンサン注射を打ってからしびれが始まったそうです。

その後、神経内科や総合病院に行ってしびれの薬を処方されるも効かないため、漢方薬の相談にいらっしゃいました。

よくよくお話を聞くと、しびれのある部位は手・足・舌だけど、発症時期は異なるとのこと。
舌は最近、手はそれより少し前、足のしびれは2年前程前からあったそうです。

体質チェック

ひざへの注射が原因で舌がしびれるということは物理的には考えにくいことです。
(病院ではそんなわけないと冷たくあしらわれたそうです)
ですから、これは自律神経が関係する心因性のものだと思われます。

睡眠に関しても、寝付きが悪く、さらに2時と4時にトイレに起きてしまいその後なかなか眠れないそうです。
あまり良い睡眠状態とは言えませんね。

急に手足が冷たくなるというのも自律神経が緊張している方の特徴です。

これらを考慮し漢方薬を選定し飲んで頂くことに。
また、昔に急性膵炎を患い、いまも慢性膵炎であることから養生食として緑翠仙も飲んで頂きました。
(油ものを食べると体調が悪化すると仰っていました)

18日後

□手のしびれ → 夕方になると少し感じるが、ほとんど気にならなくなった
□足のしびれ → 足のつま先は常にしびれていて感覚がない
□舌のしびれ → 舌の真ん中から先端にかけてしびれているが、以前よりしびれる部位が狭くなった

急性膵炎になってから体重が激減し食事量も減ってしまっていたが、最近食べる量が増えてきたと喜んで仰いました。
改善傾向にあると思われるので漢方薬を継続して頂くことに。

つづく

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です