ストレスによる痛み

右半身の痛み

30代 女性

右半身だけが痛くて重だるい

4月ころから右半身のみが痛くて重い感じがし、なかなか治らないのでご相談にいらしゃいました。

1年前にも同じような症状が出て、その時は色々な症状(全身のこわばり、動悸、不整脈など)が出続け5か月ほどつらい思いをしたといいます。

まず右足のひざからふくらはぎにかけて痛みが出て、その後左の肋骨が痛くなり、右半身全体に移っていきました。

きっかけや原因は不明。(脳CT、MRI、血液検査、尿検査 全て異常なし)

今までの治療経緯

ロキソニンは効かない。
ツムラ小建中湯を飲んだが効果はよくわからなかった。
不眠の時にトリプタノールを飲んだが効き過ぎてこわいので飲んでいない。
動悸の時にメインテートとリーゼを飲むと落ち着く。

ストレスは自覚する限りでは無し。

また、
・肩コリがひどい
・右目が見えづらい
・昼過ぎからおなかがシクシク痛くなる

といった症状もあります。

糸練功でチェック

①心の緊張をとり、神経をリラックスさせる漢方薬
②気のめぐりを良くする漢方薬
さらに、気の発散を助ける竜仙スクアレンも飲んで頂きました。

漢方薬を飲みはじめて

まず10日で「良くなっているかも」と感じました。
特に今までは夕方になると悪くなっていったのが減っているとのことです。(これは①の漢方薬の効果だと思われます)

改善傾向にあったので継続してもらい、さらに14日後。

今までは夕方に突然悪くなったり、日によってすごく悪い日などがあったが、そういった症状のがなくなったそうです。
おなかの痛みは完全になくなりました。

①の漢方薬とスクアレンのみで続ける事になりました。

21日後。
体調は良好。

1週間のうち4~5日は右半身の異常が気にならないようになりました。

痛みやだるさが出た時にも早い時間で治まるようになりました。

「去年痛みが出た時はなにをしても良くならなかったのでどうなってしまうのか不安でした。

それが今回は漢方薬を飲み続けることでどんどん良くなっていくのがわかるから嬉しいです。」

と喜んで仰っていました。

とても良い調子で改善しているようで私も嬉しい限りです。
つづく

治療のポイント

ご本人の自覚はないようでしたが、やはり心因性の痛みのようでした。

心因性の痛みは、痛みの疾患に使う漢方薬だけでは良くならないことが多いです。

では、どんな漢方薬を使えばいいのでしょうか?

こういった時に私は、その人の性格にあった漢方薬 をおすすめしています。

問診だけではなかなかわかりにくいのですが、糸練功と組み合わせることでかなりの情報が得られるので選ぶことができます。

どこに行ってもよくならなかった病気・症状もあきらめる前にご相談ください(^^)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です